1. >
  2. >
  3. 学生のキャッシングと社会人のキャッシングの違いは?

即日キャッシングも可能なプロミス


これから【プロミス】無人契約機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

急ぎのキャッシングにもしっかり対応しているプロミス!
もちろん即日融資も可能です。
パートやアルバイトの方でも安定した収入があれば申し込みできます。
しかも最短30分で審査回答されるので、借りれるかどうか心配な方にはおすすめです!

学生のキャッシングと社会人のキャッシングの違いは?

お金が必要になるのは何も社会人だけとは限らず、学生の人もお金が必要になる事もあるでしょう。消費者金融や銀行では学生であってもキャッシングが行えるところはきちんと存在します。

では、学生がキャッシングを行うとなった場合、社会人がキャッシングを行う場合と比べるとどのような違いがあるのでしょうか?

【お申込みの条件や必要書類は?】
学生でもキャッシングは行えますが、年齢は20歳以上、アルバイトをして収入を得ているという条件が存在し、お申し込みの際にも運転免許証、健康保険証等の書類が必要となっていますので、条件や書類に関しては社会人と変わりありません。

【審査の行われ方に違いはあるのか?】

学生、社会人に限らず審査は行われ、審査項目に関しても、収入や勤続年数、他社からの借入等といったように社会人と相違点は見当たりませんが、社会人の場合は必ず行われている在籍確認に関しては、行われないところもあるようです。

これは、キャッシング金額が少ない事や学生の場合アルバイト先が短期間の間に勤務先が変わる事が多い為と言われています。
もし、職場の事情で在籍確認が行えないのであれば、お申込み時に必ず確認するのを忘れないでください。

【限度額に違いはあるか?】
学生の場合は、社会人とは違い当然収入の面では劣りますので、当然限度額は低くなります。

そのため、銀行、消費者金融に限らず、限度額としては最低の10万円となる事が多く、一部の銀行では500万円とは書かれていますが、現実はそうならないのは明らかです。
そもそも、10万円以上でお申込みしても審査ではかなりの確率で落とされてしまいますので、限度額を10万円とする事も審査を通るためには必要となってきます。

【実際にキャッシングを行える場所は?】
条件等が理解できたならば、実際にキャッシングを行える場所ですが、消費者金融ではアコムやプロミス、銀行では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行が挙げられます。

一概にどちらが良いとはいえませんが、学生の収入面を考えると銀行の場合は金利が低い事もあり後の返済が楽というメリットがあります。

ですが、プロミス等でも初めての方に限り30日間は金利がかからないサービスも行われていますので、利用の仕方に応じて決めていくのがベストです。

【終わりに】
ここまで学生のキャッシングに関するお話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?最近では学生でもキャッシングを行える場所は増えてきています。

しかし、社会人にも言える事ですが、特に学生の場合はその立場上、極力他からお金を借りる事なく生活するのに越した事はありません。
どうしても必要でない限りは自分で何とかする事を考えるのも、将来の上では重要な事かと思われます。